わたしから始める

募金しよう

募金で協力

日本国際飢餓対策機構は、世界の貧困と飢餓に苦しむ方々が自分たちの力で問題を解決していけるように、物心両面で支える活動を行っています。

そのためには経済的に支えてくださるサポーターが必要です。以下のような方法でご支援いただけますので、みなさまのご都合に合わせてお選びいただき、ぜひご協力をお願いいたします。

■継続募金

飢餓や貧困の原因はその地域によって異なりますが、問題解決にはそれぞれ現地の方々と協力しながら、長期にわたって取り組む必要があります。あなたのご支援が継続することによって、人々の生活がより確実に変えられていきます。

ハンガーゼロ・サポーター(一口1,000円/月~)

世界でも今特に支援の必要がある地域を一定期間集中的に支援、
現在はアフリカのために用いられています


ガーナ・ハンガーゼロサポーター(一口1,000円/月~)

韓国の女優パク・シネさんと一緒に「星きらめく天使の村」を作りましょう。パク・シネさんの里子アバンネは幼稚園にも通えるようになり、1日1食の食事と最低限の教育を受けられるようになりました。アバンネのように、さらに多くの子ども達が健やかに成長して学校に通えるように皆様のご支援が必要です。


チャイルド・サポーター(里子一人につき4000円/月~)

子どもたちが学校教育を受け、健康が守られ、将来自立できるよう職業訓練を受けるなど、全人的な成長を助ける活動を支えていただきます。里親として里子1人を支援。里子の支援は個人またはグループででもできます。現地から送られる成長記録や里子との手紙の交換を通して、里子の成長の喜びを分かち合っていただくことができます。


海外スタッフサポーター(一口1,000円/月~)

日本国際飢餓対策機構は、日本からスタッフを飢餓・貧困に苦しむ人々が暮らす地へ派遣して、現地の人々とともに生活しながら自立を支援しています。海外スタッフたちは派遣期間中、経済的、精神的に支えてくださる方を募り、活動地に出て行きます。スタッフを励まし、また現地の人々に仕える喜びを分かち合うパートナーとして、是非ご支援ください。


JIFH(日本国際飢餓対策機構)サポーター(一口500円/月~)

JIFHの活動を全般的に支援(必要なさまざまなプロジェクトの継続、国内での啓発活動など)のために使われます。


■一時募金

いつでもご自由な額の募金をお送りください。

一般募金

JIFHの活動全般のために、ご自由な金額を募金


クリスマス募金

クリスマス募金

コンゴ民主共和国のタンガニーカ州では、部族対立で、多くの人が国内避難民となり、難民キャンプなどの劣悪な環境で暮らしています。ハンズ・ラブ・オブ・コンゴはカレミの国内避難民に緊急食料支援や農業訓練とともに、部族間の平和構築に取り組みます。クリスマスに愛の贈り物のご協力をお願いします。

世界食料デー募金

世界食料デー募金

世界の食料問題を考える日として国連が制定した日、それが毎年10月16日の「世界食料デー」です。
第20回(1979年)FAO総会の決議に基づき、1981年から世界共通の日として制定されました。
世界の一人一人が協力しあい、最も重要な墓本的人権である「すべての人に食料を」を現実のものにし、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としています。
この日をきっかけとして、自分自身の生活を見つめ直し、少しでも世界の人々と共に生きる生き方を実践しようとする人が増やされていくことが「世界食料デー」の願いです。

食料デーの募金先は、
▼今年の世界食料デー募金は、主に以下のプロジェクトに用いさせていただ予定です。
●コンゴ民主共和国:農業支援/コミュニティ開発支援
●カンボジア:子ども教育/コミュニティ開発支援
●フィリピン:コミュニティ開発支援
●ルワンダ:学校教育支援
●ケニア:学校教育支援
●その他

募金の方法

募金の方法は、銀行からの振込み(ゆうちょ銀行・その他金融機関)、クレジット、コンビニでの決済が利用できます。
(注)継続募金をご希望の方は、コンビニ決済は利用できません。
なお、継続募金のクレジット決済は、1,000円以上からご利用になれます(新規・追加の方のみ)。
ゆうちょ銀行の自動振替をご利用された場合は25円、ゆうちょ銀行以外の金融機関からの自動振替の場合は100円、決済手数料が必要となります。

募金の方法の詳細はこちら


わたしから始める