活動報告・お知らせ

2019年03月25日

モザンビーク・サイクロンアイダイ(Idai )の被害が拡大


Yahoo ニュースより:サイクロン襲来のモザンビーク、死者1000人超か
3/19(火) 11:56配信 AFPBB News

【3月19日 AFP】モザンビークのフィリペ・ジャシント・ニュシ(Filipe Jacinto Nyusi)大統領は18日、国民向けの演説で、先週アフリカ南部を襲った熱帯サイクロン「アイダイ(Idai)」の死者が1000人を超える恐れがあると述べた。隣国ジンバブエでも数十人の死者と200人余りの行方不明者が出ているとみられている。
 アイダイは14日、モザンビーク中部のベイラ(Beira)に大きな被害をもたらした後、ジンバブエを直撃。暴風と鉄砲水により道路が冠水し住宅が押し流された。
 ニュシ氏は国民に向けた演説で「現時点での公式死者数では84人だが、被災地の状況を把握するためけさ上空から見た限りでは、死者数が1000人を超える恐れがある」と述べた。同氏は「これは深刻な人道的危機」だとし、「10万人余りが危険にさらされている」と警告した。
 キリスト教系非営利団体「ミッション・アビエーション・フェローシップ(MAF)」が公表した航空写真には、洪水で窓の高さまで家屋が浸水し、その屋根の上に取り残された人々の様子が捉えられている。国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)によると人口約53万人のベイラとその周辺地域の約9割が「損壊あるいは全壊」したという。
 AFPがまとめた集計によると、隣国のジンバブエではアイダイの被害による死者は98人、行方不明者は少なくとも217人となっている。AFPの写真記者によると、一部の道路で巨大な陥没穴(シンクホール)ができ、橋は鉄砲水で崩壊した。

FHグローバル緊急支援チームより

(3月17日情報) 
被害状況概要:
 2019年3月14日から15日にかけて、モザンビーク中央部のSofala州Beira市の近くで熱帯低気圧Idaiが上陸しました。サイクロンは、ソファラ、ザンベジア、マニカ、イニャンバネ州に激しい雨と風をもたらしました。国立気象研究所(INAM)および分析分析天気予報局(DAPT)からの最初の報告によると、ベイラおよびソファラ州の他の地区は停電と通信の機能停止に直面しています。メディアの報道によると幾つかの村が潮汐により孤立しています。
 熱帯サイクロン「アイダイ(Idai)」の上陸によって引き起こされた損害の全貌はまだ知られていませんが、次のような事態が発生している可能性が非常に高いとされています。

1) 学校や公衆衛生施設の被災による物資やその供給手段が破壊されている。 
2)3月上旬にすでに洪水の影響を受けている約168,000ヘクタールの作物への被害。すでに洪水や干ばつの影響を受けている最も脆弱な人々を含め、食料安全保障と栄養を損なうことになる。
3)強風や洪水による水道の破壊。 
4)衛生施設の損傷および安全でない水の蔓延による水系感染症のリスクの増大。 
5)家屋の破壊と非食料品の紛失。 
6)ジェンダーに基づく暴力のリスク増加や避難の可能性も含め、女性と子供の保護のリスク上昇。

FH(国際飢餓対策機構)の対応:
 緊急支援部門から現地のベイラへ支援チームを送り(3/19火曜に到着)、アフリカ地区FHからは補助金開発を支援するスタッフを送ります。国連や政府のさまざまな募金活動と協力していくつかの提案が行われています。 FHモザンビークは、他の被災地と同様、FHが関わっているコミュニティ/世帯の現況確認を行い、今後の対応を判断するため調整を行っています。
Lusungu KaundaはOCHA(国連人道問題調整事務所)の説明会に出席し以下の報告をしました。3/18朝9時の情報として66人が死亡、111人が負傷した。その数はドンド、ブジ、チババの近隣地区で水が増え続けるにつれて増加すると予想される。これらの地域では状況はさらに悪化する可能性がある。また地元のダムが崩壊して多くの犠牲者を出す恐れがあります。被災者は141,000人に登り、ベイラ中央病院は部分的に浸水し医療活動ができずにいます。ベイラ地区は燃料が不足しています。ベイラ地区へは飛行機でしか入れません。 

WFP(世界食糧計画)の情報:
WFPは現況確認と救助活動を支援するために30隻のボートとヘリコプターを動員しています。熱帯サイクロン「アイダイ(Idai)」に続き、モザンビーク中央部の被災地ではまだ大雨が続くと予想されています。 「アイダイ」による最も影響を受けた地域は、Sofala、Manica、Zambezia、Imhambane、およびTeteです。National Disaster Management Institute(INGC)は、60万人が現在危険にさらされており、被災地で人道的支援が緊急に必要とされていると推定しています。

(3月19日追加情報) 
 今回の災害と支援の様子を紹介するため、ウガンダ北部でFHと一緒に南スーダン難民紛争の写真を撮っていた写真家/ビデオグラファーのショーン・シェリダンがすでに現場に向かっています。


WEB_unnamed-1.jpg

WEB_unnamed-2.jpg

unnamed-3.jpg

WEB_unnamed.jpg

続きを読む

2019年03月14日

【東京イベント告知】


メッセージ性のある写真の撮り方を学ぼう!

「世界の厳しい現実だけでなく、そこに住む人たちのリアルを伝える写真を撮りたい」というスタッフの思いからこのイベントを企画しました。
プロフォトグラファー神森さんを講師にお招きし、講義と外での撮影を行いスタッフだけではもったいない「人に伝わる写真の撮り方」を学びます。
Terra Garden Grocer (1).pngのサムネール画像

続きを読む

2019年03月13日

【インドネシア・スラウェシ島地震】その後の救援活動


 地震発生!
スラウェシ島地震(M7.5)は、2018 年9 月28 日にインドネシアのスラウェシ島中部都市パルの北78㎞を震源に発生しました。
インドネシア01.jpg
詳しくはハンガーゼロサイトから

続きを読む

2019年03月13日

【ケニア給食支援】コイノニアで食べる豆料理が一番おいしい!


昨年もハンガーゼロのご支援により、コイノニア教育センターの生徒たちは健康的な食生活が可能となり、肉体的に大きな成長を与えられました。
コイノニア01.jpg
詳しくはハンガーゼロサイトから

続きを読む

2019年02月19日

【愛知イベント告知】今、考えて備えよう!災害対策セミナー


20190225TEF地震委員会イベント.jpg

災害支援ボランティアセンター実務講座①

TEF地震委員会と日本国際飢餓対策機構共催で開かれる災害対策セミナー。
東海地域でもいつ起こるか分からない大災害の前に、災害対策について一緒に学びましょう!

日時● 2019年2月25日(月)
場所●日本基督教団名古屋教会( 名古屋市中区丸の内 3-4-5 )
講師●伊東綾氏( JIFH緊急支援担当 )
プログラム●
1部 10:00 ~ 12:00 ( 災害支援ボランティア受付シート作成講座 ) 定員 15名
2部 12:45 ~ 16:00 ( ボランティアセンターの役割と働き ) 定員 50名

参加費● 1部 2部 各 1,000円 / 両方参加 1,500円
申し込み●
TEL : 052-265-7101
E-mail: aichi@jifh.org( 日本国際飢餓対策機構愛知事務所 内 )
またはこちらから

共催● 東海福音フェローシップ地震委員会 / ハンガーゼロ 日本国際飢餓対策機構
協賛● 東海キリスト者災害ネット

続きを読む

2019年02月15日

【イベント告知】3/18~22 ファシリテータートレーニング キャンプat TCU 参加者募集中!


2019春ファシトレ_入稿.jpg

2019春ファシトレ裏面.jpg

チラシPDFはこちら▼
2019春ファシトレ.pdf

3月18日から22日までの日程で開催する「ハンガーゼロ・ ファシリテータートレーニングキャンプ at TCU」(東京基督教 大学内)の参加者を募集しています。

将来、途上国の人々と共に生き、働きたいと願っておられる方のためのキャンプです。共同生活をしながら、専門的な講義とグループワークで楽しく学べます。

「飢餓とは何か」「どうして貧困が起こるのか」をともに学びながら、自分は何ができるのかを考え、世界を変える一歩を踏み出していただくことを目的としています。

-------------------------------------------
参加費3万円(食費・宿泊費込)
※会場までの交通費除く

お申し込みは、大阪事務所 072-920-2225 まで
メールアドレス general@jifh.org

以前ファシリテータートレーニングキャンプに参加された
ハンガーゼロパートナーの柳沼さんにインタビューしました!
こちらから▼

続きを読む

2019年02月06日

ハンガーゼロ実現のための新たな取り組み 「ハンガーゼロ・パートナーズ」


 当機構は、世界で飢餓・貧困に苦しむ人々に手をさし伸べる様々な活動に取り組んできました。緊急支援、自立開発、子どもの教育、保健衛生、人材派遣、 啓発など多岐にわたる活動を通して、世界から物心両面の飢餓がなくなることを目指しています。2030年に「飢餓をゼロに」とする国連の新たな開発指標が掲げられる中、当機構も働きの輪を一段と 広げるための新たな取り組みとして「ハンガーゼロ・ パートナーズ」を求めていくことにしました。

02hz_ambassador201803.jpg

続きを読む

2019年02月04日

【お知らせ】親善大使 紫園香さんのカンボジア ツアー中止


ハンガーゼロ親善大使 フルート奏者 紫園香さんのカンボジア ツアーが6月に予定されていましたが、事情により中止になりました。

続きを読む

2019年01月28日

【大阪イベント告知】ワン・ワールド・フェスティバル2019


ワン・ワールド・フェスティバル2019
西日本最大の国際協力のお祭り
2019年2月2日㊏・3日㊐10時〜
ハンガーゼロ・カフェを出展

続きはハンガーゼロサイトから

続きを読む

2019年01月25日

【ハンガーゼロ親善大使】愛の手インターナショナルが第2回米国コンサート


2018年 3月 28日から 4月 3日、ハンガーゼロ親善大使の森祐理さんがサンフランシスコ地区で第 2 回目のコンサートを開催しました。今回は同じくハンガーゼロ親善大使の Manami さんも同行して下さり、ご一緒に多くの教会を回ることが出来ました。

続きはハンガーゼロサイトから

続きを読む

カテゴリー

月別表示