活動報告・お知らせ

2020年11月24日

【Hunger Zero活動報告】2019-2020年度 物資支援


ブルンジ共和国
【支援物資】 スープミックス1,023 箱(約123万食)
 ブルンジの人たちは、スープミックスをジャガイモ、米または豆、バナナと一緒に調理して食べています。今回の配給により、受益家庭では60~ 90日分の食事を得ることができました。

ブルンジ.jpg

【配給日・場所】 2020年6月10~12日にブソニ郡、ブガビラ郡
配給方法...地方自治体のリーダーの協力の下、FH ブルンジスタッフ、コミュニティ・リーダー、地域の教会のリーダー、ボランティアグループの手により公開で配給が行われました。
 ソーシャルディスタンスを保つため、1 人ずつ順番に名前を呼ばれて10袋のスープミックスを受け取りました。
受益者数...孤児63 人、高齢者279人、介護の必要な人31 人、その他飢えと貧困の中にある人854 人
【受益者の声】
 6人の子どもを持つジョセフ・ビギリンダヴィさん「コロナの中でスープのご支援を頂いたことに感謝しています。これまで見たことのないようなとても栄養価の高い食事を家族に食べさせることができました。子どもたちが健康になると思います。ご支援に感謝致します。」

----------------------------------------------------------------------------
シエラレオネ共和国
【支援物資】 医薬品
 雨季に発生する病気、マラリア、呼吸器疾患、感染症など発生状況にもよりますが、約6~9ヵ月間医療を提供できます。抗生物質、マラリア治療薬などの医薬品が必要な様々な病気を患っている約8,000 人の患者を助けることができます。

シエラレオネ.jpg

【配給日】 2020年5月30日
配給者・配給方法:パートナー団体、マーシー&ホープ・インターナショナル(NGO)のディレクターとボランティア
受益者数:ユナイテッド・メソジスト教会病院が治療に当たっているキッシー地区の孤児、高齢者、リベリア難民など約8,000 人
【受益者の声】
 患者のモモー・サケイマさん「この国のどこにおいても不足しているこのような医療があったから、私は今も生きることができています。そうでなかったら、とっくに命を落としていたでしょう。この病院の運営を可能にしてくれている支援者の皆様にすべての患者を代表して心からの感謝を述べたいです。今後も継続して支援をしてくださるようにお願いします。」

----------------------------------------------------------------------------
グアテマラ共和国
【支援物資】 スープミックス888 箱(約107万食)、リンゴチップス(12袋入)を96 箱、おもちゃ、本、子ども用ブランケット、靴、衣類、歯磨きペースト、文房具など
 コロナウイルスの影響で日雇いの仕事などがなくなり、家族の中で1 人も働くことができなくなって収入が途絶え、飢えている家庭が非常に多い。

グアテマラ.jpg

【配給日・場所】 2020年8月13日〜24日
貧しい地域にある17 の組織(LOVE グアテマラを含む)や地域の代表者がスープを受け取り、それぞれの地域の人々のために炊き出しを実施。200ケース以上のスープが炊き出しのためにLOVE グアテマラの事務所から搬出されました。
配給方法...コロナのため家族の代表が容器を持って炊き出し会場に来て家族分を受け取り、家に持ち帰って、子どもたちや親戚などの世話をしている人たちに分けました。
受益者数...極貧・飢餓状態にある人々、高齢者、ホームレス、子ども2,000 人以上、女性1,000 人以上、高齢者700 人以上、男性800 人以上
【炊き出しを実施したLOVE グアテマラのスタッフの声】
 「炊き出しに来た人たちは大変感謝しています。子どもの中には4 杯もお替りするほどおなかを空かせている子、またビタミン不足で髪の色がオレンジ色になってしまっている子どももいました。1 ヵ月も続けてスープを飲めば元の髪色に戻っていくでしょう。」

※支援金額は、前月のハンガーゼロニュース11 月号(年次報告)をご覧くだい。

続きを読む

2020年11月19日

【ハンガーゼロ告知】クリスマス生配信します!!


仮クリスマスアピール.png
2020年もあと少しでクリスマスを迎える時期になってきました!
ということで、、、
ハンガーゼロのYouTubeチャンネルでクリスマス生配信をします!!

日時:2020年12月18日(金)19:00から
YouTube 【hungerzero】で検索!

"恋人の季節"の生放送ということで、恋バナしちゃいます!
理想のクリスマスデートや異性のキュンとする仕草などみなさんのコメント読みしながら話します!
皆さんからの色んな意味で忘れられない恋のエピソードなんかも募集します!
笑いあり、感動あり、涙あり!?な時間を過ごしましょう!

0-25.png

また、なんでも質問コーナーも開催予定です!
放送中にチャットで参加してくださってもOKですし、
質問BOXを用意しましたので、質問投げてください!
こちらから▼
質問BOX

番組中に答えていきます!
その他にもいくつか企画を考えていますのでお楽しみに〜!!

続きを読む

2020年11月02日

WFDオンライン横浜大会が多彩な動画で支援アピール


WFD横浜大会 動画プロジェクト
WFD横浜WEB.jpg

11月1日から1ヶ月間にわたりオンラインで公開中の世界食料デー横浜大会では、趣旨に賛同する地元の学校や企業の取り組みなどの動画を多数用意して、コロナ禍でも支援の輪を広げるチャレンジをしています。

続きを読む

2020年10月16日

東京と横浜でオンライン世界食料デー大会を追加


2020年世界食料デー大会として関東地区の東京と神奈川(横浜)でオンライン大会が開催されることになりました。

続きを読む

2020年10月12日

【10/17告知】グレイスアカデミー主催ハンガーゼロ講演会


2020年09月24日

モザンビークの若者の農業を応援するクラウドファンディング開始!


関西学院大学の学生団体KAKEHASHIさんとのコラボにより、
モザンビークの若者の農業を応援するためのクラウドファンディングがスタートしました。

モザン001.jpg

ご支援は、モザンビーク・ソファラ州ゴロンゴーザ 地区にあるハンガーゼロの現地パートナー団体 Hands of Love が取り組んでいる、若者の農業を支援するプロジェクト(Young Farmers Partnership)の働きに使わせて頂きます。
モザンビークは飢餓人口が30%を上回る非常に食料事情の深刻な地域で、失業率も高く、地方の労働人口が減少しています。モザンビークにおいて飢餓の撲滅を図るとともに、将来を担う若者の雇用を生み出し貧困を脱却することで、次世代に向けた安定的な発展を目指します。

若者が新たに持続可能な循環型農業を取り入れ、環境に配慮しつつも経済面でも成果を出していくことにより、コミュニティー全体に希望と活気があふれていくことを願っています。
ぜひクラウドファンディングを通して、皆様のお力添えをお願いいたします。

期間:9月23日(水)~11月11日(水)
目標額:35万円
用途: 農業機具の購入、種・苗・家畜の購入、若者の指導育成など

【詳細およびご支援のクラウドファンディングページはこちら】

続きを読む

2020年08月31日

【キングダムビジネスから】非常備蓄食 救缶鳥Jr


 毎年9月1日は「防災の日」。
予期せぬ地震や台風など緊急時にあれば安心の備蓄食。
ふたを開けるだけで出来たてのような柔らかいパンが食べられる、非常備蓄食 救缶鳥Jr!
WEB_9月号救缶鳥jr.jpg

既に備蓄されている救缶鳥の賞味期限をお確かめください。
まだ備蓄されていない方は、ぜひご用意ください。

1 缶100g 入りでオレンジ、ブルーベリー、ストロベリー味の3 種類が各8 缶、
計24 缶入りのセットでお届けします。

1 セット10,820 円 税・送料込
※賞味期限:製造より37 ヵ月
※ 2 年半後飢餓や災害に苦しむ
人々の元へ届ける活動に参加できます。


【お申し込み、お問い合わせ】
㈱キングダムビジネス
電話:06-6755-4877 
FAX:06-6755-4888 でも承ります

【お支払い方法】
当社指定口座へ
先払い
郵便振替 00950-0-216776
㈱キングダムビジネス
ご入金確認後 約2 週間でお届けです。

続きを読む

2020年08月31日

FHのコロナ支援短信(バングラデシュとボリビア)


◦FHボリビアが支援地域の生活困難家庭に配布する『基本食料品とコロナ感染予防保健衛生キット』3,000 パックのための募金は満たされ、7,257 パックを配布することができました。ハンガーゼロもこれを応援しました。
◦ FH バングラデシュはロヒンギャ難民に対する共同対応プログラムを通してロヒンギャ難民のCOVID-19 罹患者隔離治療の支援を行っています。100万人以上が暮らす難民キャンプには200 しかベッドがありません。1 平方マイル(2.59 平方キロメートル)に人口10 万人のキャンプ内でソーシャル・ディスタンスを確保するのは非常に困難となっています。

※ FH =国際飢餓対策機構

続きを読む

2020年08月31日

【南九州豪雨被災者】家庭用常備薬を提供


豪雨災害で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

〜九キ災の活動現場からの要望に対応〜
ハンガーゼロは南九州豪雨被災者支援のため、現地で活動している「NPO 法人九州キリスト災害支援センター」(九キ災)に対してこれまでにパンの缶詰2万食分(協力:パン・アキモト)の緊急輸送などを行っています。
 この8月には、九キ災の横田理事長(元ハンガーゼロ理事)から、「被災者に常備薬のニーズがあります」との声が届いたため、かぜ、頭痛、腹痛の薬、湿布。絆創膏などを詰めた家庭用常備薬セットを提供(協力企業の中京医薬品から調達)しました。

中京常備薬.jpg

続きはハンガーゼロサイトから

続きを読む

2020年08月31日

【キングダムビジネスより】2021年カレンダーが完成!!


紙を厚くして、書き込みスペースも大きくしました

WEB_2021カレンダー.jpg
WEB_Calender01.jpg

詳しくはハンガーゼロサイトから

続きを読む

カテゴリー

月別表示


支援企業