活動報告・お知らせ

2019年05月20日

【終了のお知らせ】オリジナルT シャツ購入でチャリティ支援


5/13から1週間限定でスタートしたハンガーゼロ×JAMMINのチャリティーコラボ企画は 5/19(日)23時59分に無事終了いたしました。続きはこちら

続きを読む

2019年05月13日

オリジナルT シャツ購入でチャリティ支援


本日5/13 からウエブで1週間限定販売 1 枚につき700 円を寄付に
ジャミン販売中_rgbサイズ.jpg

詳細・ご購入はJAMMINさんサイトから

ハンガーゼロオリジナルデザインはこちら▼
190513-item000_saizu.jpg

缶詰の中から新芽が出ています。
食糧を象徴する缶詰から出た芽には、飢餓に苦しむ人たちに食べ物だけを与えるのではなく、自ら食糧を生むノウハウを得て、それをさらに誰かに伝えていってほしいという団体の思いを込めました。
缶詰のラベルには、団体の活動を象徴する魚と麦の穂が描かれています。

"Change myself, change the world"、「わたしから始める、世界が変わる」というメッセージを添えました。

Design by DLOP


モリユリさんTシャツトートバック_サイズ.jpg
【写真:ハンガーゼロ親善大使 森祐理さんと】

トートバック_サイズ.jpg
【写真:トートバックです。どこかお出かけやショッピングにも】

サイズ(キッズ/S~XL)・カラー・アイテム(Tシャツ/長袖/パーカー/トートバックなど)ございます。
こちらをクリック▼
カラー展開.jpg

 ハンガーゼロ × JAMMIN(ジャミン)のコラボが実現!
5 月13 日から1 週間、JAMMIN さんのHPからハンガーゼロ限定アイテムを購入していただくと、T シャツの場合、1 枚につき700 円がハンガーゼロへの寄付となり、モザンビークの緊急支援のために使わせていただきます。モザンビーク サイクロンの被害状況はこちら
皆様の尊いご協力をお願いいたします。

JAMMIN(ジャミン)とは?
 毎週一つのNGO/NPO の活動をモチーフにした限定アイテム(T シャツ、パーカー、ショッピングバッグなど)を制作・販売して売り上げの一部をコラボした団体へ寄付している京都発のアパレルブランドです。2014 年4 月に立ち上げて以来、250 を超える様々な団体に3,000 万円を超える支援をしてこられました。
JAMMINphoto03.jpg
「 社会をよくしたいと思う人の気持ちを、少しずつ・たくさん集めて、ほんのちょっとでも社会をより良くしていきたい」という願いをこめて。 JAMMIN 合同会社(JAMMIN LLC. ) 代表 西田太一 

続きを読む

2019年05月11日

オリジナルT シャツの購入でモザンビークを応援しませんか


5/13 からウエブで1週間限定販売 1 枚につき700 円を寄付に
 ハンガーゼロ × JAMMIN(ジャミン)のコラボが実現!

▶︎詳細はハンガーゼロサイトから

続きを読む

2019年04月25日

【フィリピン】HOLPFI 困難に立ち向かうマイの人々


ハンズ・オブ・ラブ・フィリピン HOLPFI 困難に立ち向かうマイの人々

スクリーンショット 2019-04-05 16.16.18.jpg
分校から本校開設へ一歩
 2017 年10 月よりピナマラヤン県サファ村小学校のマイ分校としてスタートして、はや1年半が過ぎようとしています。その間、村のリーダーと教育省との話し合いで、将来的な必要から分校ではなく、本校として開設するための可能性とその準備が進められてきました。実際、本校とは距離も離れており分校と言うこと自体に無理がありました。

詳細はハンガーゼロサイトから

続きを読む

2019年04月24日

長期連休に伴う 自動振替引落日変更のお知らせ


いつも尊いご支援ご協力を感謝いたします。
金融機関をご利用されている支援者様に大切なお知らせです。

通常の引落日は毎月27日ですが、27日が土日祝日の場合は翌営業日となります。
今回の場合、4月27日が土曜日のため、翌営業日は連休明けの5月7日(月)となります。
このため5月の自動振替は、5月7日(火)[4月分]と5月27日(月)[5月分]の2度引落になりますので、ご留意ください。

尚、ゆうちょ銀行(郵便局)の自動振替のみ、5月10日(金)が再引落日となります。
ゆうちょ銀行引落日のお知らせ.jpg
ゆうちょ銀行引落日のお知らせ.pdf

自動振替についてのお問合せは、電話:072-920-2225またはメール:general@jifh.orgで藤谷までお願いいたします。

続きを読む

2019年04月24日

【非常用備蓄食】 救缶鳥ジュニア


3種類の味になりました
5月号救缶鳥jr.jpg
非常備蓄食「救缶鳥Jr」に新たにブルーベリー味とストロベリー味の2 種類が加わりました。
災害時に、ふたを開けるとすぐに食べられる やわらかいパンの缶詰を備蓄食としてどうぞ。

▶︎詳細はハンガーゼロサイトから

続きを読む

2019年04月20日

モザンビーク・チャリティコンサートご来会感謝します


CONCERT.jpg
小堀さん.jpg
ハーマン.jpg
ソルナムさん.jpg
RC.jpg3344.jpg
(速報)19日午後7時からの「モザンビークサイクロン 緊急支援チャリティコンサート」(会場協力:大阪クリスチャンセンター)に100名を超える皆様がかけつけてくださいました。ソン親善大使(フルート)、小堀親善大使(ピアノ)と南アフリカから初来日のハーマン氏(チェロ)が素晴らしい演奏とモザンビークへの温かい思いそれぞれ語ってくださいました。最後のアンコール演奏では、3人による最初で最後のトリオ演奏が実現、会場は大きな感動につつまれました。
演奏の合間には、昨年の西日本豪雨でハンガーゼロとともに被災者支援活動に携わってきた広島と岡山の災害支援センターの代表からモザンビークへの応援メッセージの朗読、続いてハンガーゼロ清家理事長がモザンビークの最新の被害状況や現地での食料支援などの活動について講演しました。その中で今後の活動方針として、現地の国際飢餓対策機構などと力を合わせて、被災した3344の学校再建に「まず1校から!」(清家)取り組むことを説明しました。緊急告知にもかかわず、チラシやホームページを見てこられた支援者様をはじめ、関西各地からキリスト教会の支援者様、ソルナムさん、小堀さんのファンの皆様など多数が足を運んでくださいました。また、やまと西和ロータリークラブ(写真)の皆さまは募金を集めて届けてくださいました。
皆様のご協力を心より感謝申し上げます。
引き続き募金協力に応援をお願いいたします。

HZモザンビーク支援コンサートOCC_ページ_1.jpg
HZモザンビーク支援コンサートOCC_ページ_2.jpg
HZモザンビーク支援コンサートOCC.pdf

日程:2019年 4月 19日 (金)
時間:19時〜21時
場所:大阪クリスチャンセンターOCCホール
音楽ゲスト:小堀英郎〔ピアノ〕ソン・ソルナム〔フルート〕HA!MAN〔チェロ〕
報告:ハンガーゼロから(緊急アピールと活動報告)

主催:ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)
協賛:大阪クリスチャンセンター(OCC)
お問い合わせ:Tel. 072-920-2225(大阪事務所)

Mozambique_Beira_002.jpg
Mozambique_Beira_414.jpg

詳しい記事はこちらから▶︎モザンビーク・サイクロン 3344の学校が倒壊

続きを読む

2019年04月10日

ダブルスマイルサンタがFH カンボジアの活動を視察


2 月11 日から15 日、カンボジアのスバイルー地区の子どもたちを継続支援してくださっている「ダブルスマイルサンタ」から3名の方々が、FH(国際飢餓対策機構)カンボジアの活動地を訪問、報告をしてくださいました。

WS3.jpg

続きはこちらから

続きを読む

2019年04月03日

モザンビーク・サイクロン 3344の学校が倒壊


Mozambique_Beira_011 2.jpg
Mozambique_Beira_010 2.jpg
Mozambique_Beira_442 2.jpg

ハンガーゼロ では募金の受付を始めました。
こちらから

【4月2日現在の追加情報】


破壊された学校3344

元駐在員のローレンス綾子さんから現地で活動している人からの情報が届き、サイクロンにより破壊された学校建物が3344校に達し、影響を受ける生徒数が180,854人にも及んでいるとのことです。なお、ローレンス綾子さんは今月上旬に現地入りすることになりました。

Mozambique_Beira_493 2.jpg
Mozambique_Beira_339 2.jpg

サイクロン地図.jpg3月14日にアフリカ南部のモザンビーク、ジンバブエ、マラウイを襲った熱帯サイクロン アイダイ(Idai)により、甚大な被害が出ています。とくにサイクロンが上陸した第2の港湾都市ベイラでは、風速40メートルの暴風と近隣諸国から流れ込んでくる水で河川が氾濫、すでに死者が400人を超えました。(3月24日現在、さらに拡大する見込み)
 ベイラでは浸水や流出で大多数の人々が家を失うとともに、道路の寸断、水道や電気・通信設備の崩壊で都市機能がマヒしています。さらに衛生施設の損傷によりコレラなどの感染症も出ていいます。(国際赤十字)。河川の氾濫で被害を受けた耕作地は120万エーカー(1エーカー4064平方メートル、FH調べ)に拡大、農家への経済的打撃に加え、地域の食料不足も懸念されています。
 こうした状況に、国連は南半球では過去最大級の自然災害として被災者は170万人に達するとの緊急声明を出しています。
 
 ハンガーゼロは、現地のFH(国際飢餓対策機構)モザンビークを通じて被災者緊急支援を行います。
すでにFHモザンビークやKFHI(韓国)はスタッフを派遣して被害状況の調査しており、その上で国連機関とも連係しながら具体的な被災者支援を行う計画です。
 ハンガーゼロの元モザンビーク駐在員ローレンス綾子は、FHモザンビークからの情報として「ベイラは教会の90%以上が全壊、または半壊。その中で牧師たちのネットワークが人々が希望を失わないように動き出しています」と現地キリスト教会の状況も知らせてきています。
 ハンガーゼロは、これからの緊急支援活動を見極めながら、アフリカ・コンゴ民主共和国駐在のジェロームスタッフを現地に送ることも検討して被災者支援を進めていきます。

 サイクロン被害の全貌がまだ確認されていない中、すでに多くの人々が被災、避難生活をしています。
ぜひ、モザンビークの被災者緊急支援にご協力をお願いいたします。
 
【緊急支援募金の送金方法】
緊急募金は、郵便振替又はウエブサイトから直接クレジットカード決済が利用できます。
ウエブサイト https://www.jifh.org
●郵便振替 00170-9-68590 日本国際飢餓対策機構
※記入欄に必ず「モザンビークサイクロン」と明記

モザンビークの被災者緊急支援は6月末で支援の受付を終了します。

Mozambique_Beira_012 2.jpg
WEB_unnamed-2.jpg

unnamed-3.jpg

WEB_unnamed.jpg

続きを読む

2019年03月27日

【沖縄イベントお知らせ】チャイサポハロハロ


【チャイサポハロハロ~チャイルドサポート現地活動報告会~】
チャイルドサポート活動地の写真、映像を交えつつ沖縄県内3カ所でチャイルドサポート活動報告会を開催します。

「活動地のこどもたちは実際どんな生活をしているの?」
「他のチャイルドサポーターさんってどんな人がいるの?」
「チャイルドサポートってどんな支援をしているの?」
そんな方、お待ちしております!
child.png

続きを読む

カテゴリー

月別表示