ハンガーゼロ アフリカ」とは

【大阪事務所】

2021年08月24日

【大阪事務所】7日間のインターンシップを終えて


大学の夏休みを利用して、ハンガーゼロでインターンシップを7日間体験された学生さんをご紹介します。
遠いところから事務所まで足を運んで来所してくださり、大阪事務所スタッフから実際にお話を伺い理解を深められた時間だったと思います。今後の門さんの将来に期待しています!


 大阪事務所で7日間のインターンシップをさせていただきました、大学三回生の門紅琳と申します。大学では、国際学部に所属しており、開発教育や世界の人権問題について学んでいます。こちらでインターンシップをさせていただきたいと思ったきっかけは、ハンガーゼロさんが毎月発行されているニュースレターを読ませていただいたことです。幼い頃から、飢餓問題に関心はありつつも、実際どのような問題があり、どのくらいの人が苦しんでいるのか、現地の様子等々。何も知らなかった私にとって、ニュースレターで知る情報は驚くことばかりでした。やはり私は多くの子どもたちが、生まれ育った環境に関わらず、夢や希望を持てる世界にしたい。ぼんやりとしていた夢が形になったきっかけでもありました。飢餓問題に勢力的に取り組まれているハンガーゼロさんの元でインターンシップをさせていただくことが、飢餓問題への理解を深め、考える良い機会でもあると思い、インターンシップを希望させていただきました。

 インターンシップでは、ハンガーゼロさんの活動内容やビジョンを知り、手紙の翻訳作業、発送作業などの実際の業務をさせていただきました。私一人のインターンシップの受け入れのために、様々なプログラムを組んでいただき、各部署のスタッフの方からお話をしていただきました。インターンシップを通じて、当事者の観点や立場で物事を捉えることの大切さを改めて学ぶことができました。自分が考えているより、食料物資を本当に必要とする人に供給するのは難しい現状を知りました。日本では、制度がきちんと整備されており、頼んだ配達が手元に来ることは当たり前になっています。しかし、実際は、物資がスムーズに届けられず、支援物を本当に必要な人に届けることの難しい国もたくさんあるのだと知りました。私自身、支援国での現状や課題をある程度、理解していたつもりでしたが、まだまだ自国の観点で物事を考えてしまっていたのだと気づかされました。大切なことは、相手を知り、理解し、考えて行動することです。この七日間で、ハンガーゼロさんのモットーである「私から始める、世界がかわる」の意味やハンガーゼロさんの活動、姿勢を知り強く感銘を受けました。

門さん.jpg

 スタッフの皆様には、いつも熱心かつ丁寧にご指導いただきました。学びが多く、とても有意義な七日間を過ごさせていただきました。このような貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。このインターンでの学びを決して無駄にはせず、今後の学生生活や将来に生かしていきます。

続きを読む
【大阪事務所】

2021年08月24日

夏の小さな訪問者たち


 コロナウィルスの蔓延により、緊急事態宣言や蔓延防止で人々の行動範囲や交流はいまも制限の中にあります。でもそれは人間たちの社会での話です。夏の気温上昇とともに緑の植物が大きく成長すると、身近なところで蜘蛛やヤモリなど小さな生き物をよく見かけるようになります。私はそんな小さな生き物たちを観察するのが好きです。

この間、「爬虫類カフェ」に行くことにしていたのですが、コロナの影響で行けなくなり残念な気持ちになりました。しかしその晩、夕食後に台所で皿洗いをしていたとき、ヤモリが虫を捕食しようガラス窓にはりついているのを見つけました。それを見ると少し嬉しい気持ちになりました。一匹じゃなくもっと来ないかなと思ったりもします。

ヤモリ.jpg
(写真撮影した時には2匹やって来ました!)

夜、私のマンションにやって来るのはヤモリや蜘蛛だけはありません。この前はお風呂場にムカデ一匹がたたずんでいました。すぐに割り箸でつかんでペットボトルで、じっくり観察してみました。神様はなんて不思議な生き物を造られるのだろうと思いながら楽しく観察することができました。いまは外出自粛が続き大好きな旅行や友だちと遊びに行けない中で、こんな小さな生き物たちが私を楽しませてくれています。

さて私たち人間の社会では、世界食料デーが近づいてきています。今年のテーマは「~思い描こう~コロナ禍の向こう側の世界」です。現地の人はいまのコロナ禍でどんな生活を送っているかを想像したり、考えたりしてみようとの願いが込められています。
ポスター_見本.jpg
元々の貧しさにコロナが重なって、人々の生活はさらに厳しいものとなっています。生きることに精一杯で生活を楽しむこともできない人々もおられると思います。ハンガーゼロの支援地域では、ロックダウンで日雇い仕事もなくなり、日々食べることにも困難を覚える人たちもいます。
いまはコロナ禍で先進国といわれる日本の私たちでさえ、生きることに食べることにも不安を覚えたりします。また楽しむことが許されない生活にストレスも感じています。ならば途上国で暮らす人々のいまの日常はどうでしょうか。どんな楽しみがあるのでしょうか。いっしょに考えみませんか。食料デーでは、現地の活動報告ビデオやスタッフたちの生の声を聞くことができます。オンラインで参加もできます。いまとこれからの世界のことを私たちといっしょに思い描いてみましょう。

一日もはやく世界のコロナが収束しますように神様に日々祈らずにはいられません。
そうしたら「爬虫類カフェ」にも行けますから・・。

チャイルドサポーター事務局スタッフ(中国出身)

続きを読む
【大阪事務所】

2021年08月24日

愛しのメダカちゃんに魅せられて


いま、メダカブームだそうです。「自宅内のわずかなスペースで手軽に飼育できることから、コロナ禍で需要が増えたそうです。ホームセンターなどで安価で売られているものもあれば、高い個体は1匹10万円をくだらないそうです」(ウエブニュースから)
 また、高級メダカを盗んでいるというニュースなども聞いたことがあるのではないでしょうか。なぜメダカにはまっているのでしょう。その理由として、費用もかけず、場所もいらず、簡単に育てることができるからだそうです。

 わたしも3年前からメダカを飼い始めましたが、始めた時の理由は簡単に飼えることでした。でも、最近はアクアリウムのyoutubeを見て、私もこんな水槽が作りたいと思い始めて、水草を購入したり、ライトアップをしたりと費用をかけてアクアリウム作りに励んでいます。こんな時だからこそ、家でできる楽しみ方を見つけて、楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

メダカ全体.jpg

 小さな世界でメダカという小さい命が生き生きとして生きることができるように様々なことを工夫しています。こんな小さい命でさえも大切だと思えるのなら、世界にいる子どもたちが生きている世界が平和であることを願っています。

ヒメダカ.jpg
ヒメダカ

ミナミヌマエビ.jpg
ミナミヌマエビ

チャイルドサポーター事務局スタッフ

続きを読む
【大阪事務所】

2021年08月18日

コロナ禍でのアナデジ世代のつぶやき


 収束どころか拡大の一途をたどる新型コロナ感染、そして緊急事態や蔓延防止の宣言により、ハンガーゼロでは国内外での活動やスタッフの働き方も変更や軌道修正を余儀なくされています。国内事務所でのテレワーク勤務も途中の一旦終了を挟んでも延べ1年以上にもなるなんて想像だにしませんでした。昨日、政府から9月中旬まで延長の方針が出されたので、この特殊な勤務体制はもうしばらく続くことになるのではと思われます。ハンガーゼロでは中年以上のスタッフたちのワクチン接種は進んできておりますが、それ以下の世代はまだ予約も困難な状況が続いており、通常体制に戻るにはもう少し時間がかかりそうです。この間、支援者の皆様にはさまざまなご不便をおかけしていることと思いますが、ともにこの試練を乗り越えるために何卒ご理解をいただければと願います。

 コロナ禍での新しい生活様式といいますか、仕事でもプライベートでもオンラインが日常になり、必然的にその中で過ごす時間が増えてきました。特に個人的にもYouTubeへのアクセスがコロナ以前とはあきらかに増えましたし、ハンガーゼロもYouTubeやSNSのボリュームも大きく膨らみました。これらは広報だけでなく、部門を超えた若い世代のスタッフたちによるチーム体制によるもので、情報発信やライブ配信など自由な発想で意欲的にチャレンジしてくれています。いい意味で次世代へのバトンの流れが出てきています。シニアである自分は正直いえばついていけないのでありますが、このことは(チームの統括的立場で)私自身がみんなに望んでいたことでもあり、めちゃ嬉しいのもまた本音です。コロナ禍をバネにしてよい結束、チーム力が出てきたと思います。もちろん私自身も含めてまだまだ発展途上にあります。アフターコロナはもっと進展するでしょうから。

 YouTubeってこんなに面白くて、また勉強にもなるんだ。今更ながらにアナログからデジタルの大波を被っている自分には新発見でした。唯一の趣味に近いといえるのが、旧式のデジタル一眼カメラを携えて、家内と裏庭みたいな山をオーバーウェート気味の体にムチ打って、ゆっくり登りながらの写真撮影です。高校時代元登山部だった家内はいつも元気一杯で、自分のようにゼイゼイ息を吐くこともなく散歩のような足取りで進んでいきます。家内は決して自分を置いてきぼりにはしないのでその優しさにはいつも感謝です。でないと怪我や遭難も現実ですから。

山の展望台から眺める大阪平野(奥に見えるのは阿倍野ハルカス) OSAKA2.jpg

 山での写真撮影は腕前以前にその日の天候次第で出来が変わります。わが事務所にはどんな天候でもプロみたいな写真(星空、花鳥風月)を撮影するスーパーな同輩がおりますが、自分にはとてもその技量やセンスはありません。ただ最近は、撮影後に写真データをデジタル現像(RAW形式で撮影したものをPC上でデータ処理)するようになり、いままでの普通っぽい写真にちょっと個性をだせるようになってきました。ぼんやりかすんでいた空や葉の色が鮮やかになったり、またあえてソフト調にしたりとその変化で自分なりの作品作りができることはとても楽しい限りです。趣味の話で申し訳ありませんが、このことは広報で写真を扱う者としても非常に役立っているので今では実益を兼ねた趣味とも言い訳できます。

sizuku.jpg
 閲覧が増えたYouTubeでは、いわゆるカメラを職業とされているプロのチャンネルによくアクセスするようになりましたが、それぞれ個性があってまた世代の違いも出ていてなかなか面白くそしてためにもなります。その中であるプロカメラマンの一人が「カメラメーカーの関心は、もう雑誌(カメラ専門誌)じゃなくて、我々ユーチューバーなんだよ」とつぶやいていたのが強く印象に残りました。昨今では、カメラメーカーが紙媒体への広告出稿を減らし、デジタル広告に流れたことで、歴史のあるカメラ月刊誌が次々と廃刊(休刊)となっています。残る他誌も生き残りの瀬戸際にあるようです。自分もよく読んでいた雑誌の一つがなくなって残念な気持ちになりました。いずれはこうなるものでしたが、これもコロナ禍で一気に進んだわけです。

 ハンガーゼロの広報も中長期計画として「デジタル化の推進」を掲げて、少しづつ進めてきたところでした。それだけに、コロナ禍で若い世代のスタッフたちが台頭してきてくれたことが計画推進の好機ともなりました。もう数年もすれば、足手まといになりそうな自分かもしれませんが、シニア世代にもまだまだ役割はあると信じております。何より、この団体の働きをいまもシニア世代の皆さんが、支援においては現役として共にハンガーゼロの実現の担い手でいてくださいます。その中には団体の草創期から応援を続けてくださっている方も少なくありません。本当に感謝です。加えて新しいデジタルの入り口から支援の輪に加わってくださった皆さんもたくさんおいでになることもアナデジ世代の広報担当として嬉しい限りです。

 昨年に引き続き、今年もコロナ禍での「世界食料デー」となります。様々な困難に向き合いながら、最大限の対策をもって大会実現を準備してくださっている実行委員会。各種の支援集会やオンラインでの開催を通じて、一食募金に協力してくだださる皆様には本当に感謝です。世界で、コロナ禍で飢餓と貧困に苦しむ方々をなお助けたい、そのような思いと祈りで取り組んでくださる皆様の期待を切実に感じます。今年も活動の実際を伝える報告動画をいま若いスタッフが全集中で制作しています。また、講演動画もありますから、どなたでも自宅で食料デーの支援の輪に入ることもできます。オンライン大会もあります。ぜひ共にハンガーゼロ実現のために力を合わせてまいりましょう。9月には世界食料デー特設ページを公開しますので、ぜひ訪問してください。
ハンガーゼロ 広報担当

2021年 世界食料デー Imagination 思い描こう〜コロナ禍の向こう側の世界〜

手.jpg

長く厳しい天候が続く中、災害に苦しまれている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

AME.jpg

Urban rainブログ.jpg

続きを読む

2021年08月03日

ジェロム駐在員がコンゴから無事帰国


ハンガーゼロはジェロム・カセバ駐在員を活動地のコンゴ民主共和国に6月に派遣され、7月14日に帰国しました。
 現地ではパートナーのハンズ・オブ・ラブ・コンゴの活動状況やコロナ禍での対応などについて確認しました。
今秋の世界食料デーなどで現地報告をいたします。

続きを読む
小西小百合

2021年08月03日

変わるものと 変わらないもの < 連載 18 >


ラテンアメリカの人々とともに

私は昨年12月3日から今年2月17日
迄日本に一時帰国し、その後ボリビアに戻っています。

sayuri2020.jpg

今回は「ボリビアでのコロナの最新状況と政治的な混乱」について、そして次回は「愛する方々との突然の別れ、コロナ禍の試練」についてお伝えしたいと思います。

続きはハンガーゼロサイトから

続きを読む
【大阪事務所】

2021年07月01日

ジェロム駐在員がコンゴへ


 ハンガーゼロはジェロム・カセバ駐在員を活動地のコンゴ民主共和国に派遣しました。
 現地ではパートナーのハンズ・オブ・ラブ・コンゴの活動状況やコロナ禍での対応などについて確認します。
 なお7月上旬には日本に戻ります。現地の活動状況は、今年の世界食料デー大会などで報告します。

続きを読む
【東京事務所】

2020年12月31日

【ハンガーゼロYouTube】2020年最後の動画 | 2021年に向けて


【大阪事務所】

2020年11月12日

【龍谷大学生】 大阪事務所でのインターンシップを終えて


龍谷大学の学生さんお二人が5日間のインターンシップでハンガーゼロ大阪事務所を訪ねてくださいました。
オリエンテーションをはじめとして海外駐在スタッフのお話やボランティア活動をしていただきました。
飢餓・貧困について学びを終えて帰られていきました。
スタッフブログを書いていただきましたので以下ご紹介いたします。
お若い二人の今後の将来とご活躍に期待しています!


この度大阪事務所でインターンをさせていただいた大学2年生の福本萌々と申します。大学では国際文化学や英語を学んでいます。今回は5日間という短い日程ですが団体の活動内容や理念を教えていただいたり、CSの手紙やクリスマスカードの翻訳作業をお手伝いさせていただきました。

私はこの団体についてホームページを見て知りました。最初にホームページを拝見したときに想像していた以上に様々な飢餓問題が書かれており驚いたのを覚えています。飢餓や貧困問題についての知識をあまり持っていなかったので、教えていただくコンゴやフィリピンなどの現地での活動内容は勉強になるものばかりでした。私が想像していたものやテレビで見るアフリカの現状とは全く異なっており、実際は多くの人々が飢餓や貧困で苦しんでいることなどの正しい知識を知る必要があると感じました。

またサポートをする際に重要なことは現地の人に物資を与えるだけではなく持続可能な開発をし、コニュニティーを作ることで、人が自由に自分の人生を選択できるようにするということだとわかり、自分の考え方とは全く違うものを学ぶことができました。

JIFHに訪問しなければ学ぶことができないことをたくさん学ばせていただきました。自分にできることは何かを考え、このインターンシップを通じて理解したことをこれから学びや生活に繋げていきたいと思います。ありがとうございました。

続いて古谷優衣さんです

大阪事務所でインターンをさせていただいている大学二年の古谷優衣です。
大学では国際学部に所属していて、英語、国際文化、観光などについて学んでいます。

私はこの団体をインターネットで知りました。
世界の貧困、飢餓について正直深く知りませんでした。
そして、知らないからこそ学びたいと思いました。
また、サイトを見たときに「1分間に17人、飢餓でなくなっている現実を知ろう。」という言葉を目にし、衝撃を受けました。
そして、5日間という短い期間ですが学びたいと思い、受け入れていただきました。

この期間でたくさんお話を聞かせていただきました。
貧困地域が置かれている状況は想像以上で、私たちの日本での暮らしからかけ離れていました。
私たちにとっての当たり前が当たり前ではないことを痛感させられました。
そして私に何ができるのか考えさせられました。
JIFHは物資の支援だけではなく、コミュニティの自立を目指し、現地の人に寄り添っており、たくさんの考え方やアプローチの仕方を学ぶことができました。
また、CSの手紙やクリスマスカードの翻訳をお手伝いさせていただきました。
その手紙には勉強が好きだということが多く書かれていました。
それを読み、日本では当たり前である教育を受けるということが、当たり前になってほしいと強く思いました。
現地の子どもたちの手紙、絵を見ることは貴重な機会でした。

この期間でたくさんのことを学ぶことができました。
私には何ができるのかをしっかり考え、まずは学んだことを広めたいと思いました。
貴重な経験をさせていただきありがとうございました!


龍谷大学生.jpg

続きを読む
【大阪事務所】

2020年10月30日

世界食料デー学校講演後のサプライズ


10月22日、大阪キリスト教短期大学にて世界食料デーの講演をさせていただきました!
全学生が対象でしたが、1年生は全員リモートで参加してくださいました。
30分ほどの時間の中で精いっぱい「わたしから始める。世界が変わる!」というアピールさせていただきました。
講演終了後控室にいるとき突然ドアをノックされ、ドアを開けると4人の学生が当日に配布したばかりの募金箱の中にお金を入れて持ってきてくださいました。
あまりにも早い応答にびっくりしましたが、一番驚いていたのは教職員の皆様でした(笑)
このような素直な応答に非常に励まされました。
学生の皆さんは幼児教育学科で勉強されています。
将来、先生になったときこのような「わたしから始める。」の姿勢が関わる子どもたちにどんな素晴らしい影響を与えることでしょう。
私も口だけではなく、「わたしから始める。世界が変わる!」を実践していきたいです!
大阪キリスト教短期大学の皆様、本当にありがとうございました。

チャイルドサポーター・スタッフ 安達燎平

WFD_SCHOOL.jpg

続きを読む

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示


支援企業