わたしから始める

飢餓を知ろう

世界の死亡原因 第1位「飢餓!」

人間は、食べものを食べることで動く力が出たり、食べものに含まれる栄養やビタミンで、身体の組織ができたりします。
その食べものが足りないために、最低必要なエネルギーや栄養をとることができない状態が長く続くことを、「飢餓」と言います。

世界には、干ばつなどで何ヶ月も食べるものがまったく手に入らない飢饉と呼ばれる場合や、毎年収穫前になると蓄えていた食糧がなくなるので、次の収穫まで食べものがない人々も大勢います。

どの場合も栄養不足で身体が弱ってくると、下痢をしたり風邪をひいたりしただけで死んでしまうこともあるのです。それだけじゃありません。必要な食べものを食べられず、脳に障害が残ったり、目が見えなくなったりしてしまう子どももいるのです。


飢餓を知ろう

飢餓人口って? 食料は足りないの?

飢餓についてさらに詳しく調べよう

資料請求 飢餓対策ニュース
書籍案内

わたしから始める