ハンガーゼロ アフリカ」とは

木村 カナ

2017年02月24日

KGKブース出展


2/21(火)-23(木)の3日間、国立オリンピック記念青少年総合センターで行われましたKGK"NET"にてブース出展をさせて頂きました!

3文字の略称ばかりで「????」となってしまうと思いますが....
まず"KGK"は、キリスト者学生会(Kirisutosha Gakusei Kai)の頭文字を取った略称です。
キリスト者(=クリスチャン)の交わりで、大学、短大、専門学校、高専などの学内で聖書研究や祈り会の活動をするグループです。

次に、''NET''とは、National Evangelical Trainingの略で、北海道地区から沖縄地区まで全国の学生や関係者が集い、交わり、聖書から学ぶ場です。今年は、2/20-25まで4泊5日の開催となっています。
(KGKキリスト者学生会HPより抜粋。)
+16976183_705717192940291_1504367920_n.jpg

続きを読む
【大阪事務所】

2017年02月18日

手打ちうどん「ぐう手」


今日はうどん屋さんの紹介です。

お店の名前は「手打ちうどん ぐう手」、経営されている方は私たちの活動に賛同し支援してくださっています。

外観.jpg

変わった名前ですが、ドイツ語でよいもの、よい人、美味い(gute)という意味だそうです。

続きを読む
【東京事務所】

2017年02月15日

2017年 ハンガーゼロ・ファシリテータートレーニングキャンプ


2月も半ばを過ぎて、そろそろ春の足音が聞こえてきました。
春本番を迎える前に、大学キャンパス内で、
国際問題について私たちと共に学び考えてみませんか?

続きを読む
【東京事務所】

2017年02月14日

【東京事務所イベントレポート】白砂糖不使用のチョコ作りをして、フェアトレードを学ぼう!!


先日2月4日(土)、東京事務所にて「白砂糖不使用のチョコ作りをして、フェアトレードを学ぼう!!」というイベントを開催しました。
約20名の方が参加してくださり、半数以上が初めての参加でした。

続きを読む
太田 留美子

2017年02月03日

世界食料デー久米島大会の開催(2/27)


2017年も早くも2月になりました。
プロ野球春季キャンプのため、続々と球団・選手が沖縄にやってきました。

昨年の「世界食料デー」では、さまざまな地域でさまさまな取り組みがなされました。
沖縄では、30年目を迎え記念大会も開催されました。
あれから、約4ヶ月・・・・。
しかし、まだまだ終わってはいません。

昨年(10月)、台風18号のため中止になった「久米島大会」を、
2月27日(月)に開催することになりました!!!

続きを読む
NewsLetter巻頭言

2017年02月01日

地域変革の鍵、人財育成...SALTYとLIGHTSの生き方①


 2012年にアフリカ・ニジェールで、翌2013年にはコンゴ民主共和国で、人財育成セミナーを開催しました。そこには地域変革を願うコミュニティリーダーや牧師、また多くのビジネスマンが集い熱心な学びの時となりました。

01front201702.jpg
【写真:子どもクラブでごみの分別を学んで実践(カンボジア)】

続きを読む
【大阪事務所】

2017年01月30日

ボリビアの子どもたちからお手紙が到着!


ボリビア​でチャイルドサポーターの支援を受けている子どもたちから手紙が届きました。

01fh_bolivia201701.jpg

続きを読む
【愛知事務所】

2017年01月27日

わたしから始める、一歩一歩


新しい年に突入し、名古屋ではとにかく寒い日々が続いておりますが、
ふと庭を見ると、水仙の花がかわいらしく咲いていました。確実に春にむかっているのですね。
今年一年、「わたしから始める」一歩一歩の小さな歩みによって、確実に世界がより良い方向に
変わっていくことを信じつつ歩んでいきたいです。

さて、昨年は、本当にたくさんの「わたしから始める」皆さんが愛知事務所をサポートしてくださいました。

01aichi201701.jpg
【写真:2016年世界食料デー名古屋大会】

続きを読む
伊東 綾

2017年01月19日

1つの行動がもたらす変化


最近、視覚障がい者の方がホームから転落して
命を落とされるというニュースを耳にすることが続いています。
2010年~2015年の5年間に、視覚障がい者が、ホームから転落したり、
列車と接触したりした事故が481件にも上っているそうです。

続きを読む
【大阪事務所】

2017年01月17日

阪神大震災から22年「大震災に見た"共生"の原点」


 阪神淡路大震災から今日で22年。当時、JIFHは8つの教会を拠点として緊急支援物資の配布、ボランティア派遣、子どもケアプログラムなどを実施しました。第66号~68号(1995年3月~7月)の飢餓対策ニュースを読んでみると、当時の様子を伺い知ることができます。※当時の飢餓対策ニュースは2か月に1回の発行
 その中から実際の記事を紹介いたします。

NL_Archives19950307.jpg

続きを読む

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示