ハンガーゼロ アフリカ」とは

【大阪事務所】

2017年04月27日

わたしの原体験 Back to 1999 バングラデシュへ旅して


 誰にも今の生き方に影響を受けた出来事が大なり小なりあると思います。私が国際協力の世界にぐっと近づいたのは、在籍していた短大の研修ツアーに参加したことがきっかけでした。行き先はバングラデシュ。「世界最貧国のひとつ」と表現されていたこの国の課題を、それなりに予習して向かった一行は、1999年1月、胸をはずませて首都ダッカに降り立ちました。

01blog_bangladesh201704.jpg

続きを読む
吉田 知基

2017年04月25日

Amazing grace/竹原ピストル


「ミジンコくらいにちいさくなって
 あなたの頭の上を探検したい」

ミジンコくらいにちいさくなって
わたしの頭の毛を支えていただきたい
こっそりとこっそりと抜けないように

04barnabas_blog201703.jpg

続きを読む
【大阪事務所】

2017年04月21日

強い風にも揺るがない木のような人になりたい


 4月8日~9日、6か月ぶりに常総市に行かせていただきました。昨年、がんばっぺ常総の復興支援イベント(2016年10月9日開催)に行かせて頂いた時に被災された方から「今年はお米が出来ないと思ってたのに出来て良かった」とお聞きし、とても嬉しかったことを覚えています。

20170421_162110529.jpg

続きを読む
【愛知事務所】

2017年04月19日

【名古屋】インターン企画イベントのご報告!


 はじめまして。JIFH愛知事務所2016年度インターン生の加藤美紅です。先日3月11日、3名のインターン主催で「こんなところにコンゴ人!?今でしょ!国際ボランティア」を開催しました。

170311aichievent1.jpg

続きを読む
酒井 慶子

2017年04月17日

病人を運んで山を降りる村人たち


 体調がすぐれず、体重がどんどんと減っていき、病院に行って検査。腹部エコー、CT検査で肝嚢胞が胃の入り口を圧迫していることがあっという間に判明。6日間の入院で、腹腔鏡手術によって嚢胞を摘出することになる。予定通り手術後5日で退院。病院に行くと検査、診断がおり、治療、そして回復する。なんとありがたいことだろうとつくづく思った。

01sakai201704.jpg

続きを読む
木村 カナ

2017年04月05日

ハンガーゼロ・ファシリテータートレーニングキャンプ2017 in 東京基督教大学


2017年3月20-24日、千葉県東京基督教大学にてハンガーゼロ・ファシリテータートレーニングキャンプが行われました。
スタッフボランティア合わせて総勢23名のにぎやかなキャンプの様子をご報告します!
FTCTCUJEROME_n.jpg

続きを読む
【愛知事務所】

2017年04月04日

【名古屋】ハンガーゼロチャリティディナー(ハレラニテラス)報告


3月10日、名古屋・覚王山のハレラニテラスにご協力いただき、ハンガーゼロチャリティーディナーを開催しました。当機構がコンゴ民主共和国に派遣している現地パートナー団体代表、ジェロームカセバの話に、皆さん真剣に耳を傾けてくださいました。
170310charitydinner2.jpg

続きを読む
NewsLetter巻頭言

2017年04月01日

地域変革の鍵、人財育成...SALTYとLIGHTSの生き方②


 途上国に生きる人々の極度の貧困状況は、人々を時に自分たちでは抗うことのできない絶望的な事柄と思わせてしまいます。そのような中から「私から始める」と立ち上がることができたとしたら、まさに人々を取り巻く「世界が変わる」はずです。地域変革を担う人財育成セミナーは、そのために一人一人の内側からの変革を促していくものです。

01front201704.jpg
【写真:SALTYを実践しているコンゴ民主共和国の人々】

続きを読む
【大阪事務所】

2017年03月27日

東日本復興支援コンサート(宝塚ゴスペルハウス)


 2017年3月12日(日)午後2時から、宝塚ゴスペルハウスにて第6回東日本大震災復興支援コンサートが開催されました。このコンサートは東日本大震災が発生して以来、宝塚ゴスペルハウスにみなさまの熱い思いで継続しておこなわれてきました。

01takaraduka_concert201703.jpg

続きを読む
【愛知事務所】

2017年03月25日

西南大フィリピンキャンプ参加者の声


2月17日~27日、西南大生16名と大学引率者2名、JIFHスタッフ1名はフィリピン・マニラ郊外、マラボン市に滞在しました。
西南学院大学(福岡)主催のこのキャンプは国際飢餓対策機構フィリピン(FH)の活動地に滞在し、貧困の現状を知り、奉仕の精神を養う目的で毎年実施されています。
1702seinan避難所にて.JPG
【大規模火災避難所での子どもケアプログラムに参加】

続きを読む

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示