ハンガーゼロ活動内容

海外での活動

■コンゴ民主共和国

国内避難民への支援

コンゴ民主共和国では内戦だけでなく、周辺国の反政府武装組織の脅威が続いており、国内避難民が多く出ています。JIFHでは、そうした難から逃れてきた人々への支援を地元のパートナー団体と連携して行っています。

関連記事:
【中央アフリカ】夫は殺され、逃げる途中に林の中で男児出産
【中央アフリカ】肉体的精神的に苦しめられる難民
【コンゴ】「状況は悲惨」中央アフリカから逃れてきた男性の証言
【コンゴ】問題克服への新しいアプローチ
【コンゴ】活動の母体となる現地NGOが正式発足

派遣スタッフ

2013年6月から、中央及び西アフリカ担当スタッフとしてジェローム・カセバをコンゴ民主共和国に派遣。地元パートナー団体と連携しながら、食料不足や内戦から逃れてきた人々、貧困の中にある子どもたちへの支援などを進めています。


詳細情報

コンゴ民主共和国
国名 コンゴ民主共和国
面積 234.5平方キロメートル
人口 6,780万人(2012)
首都 キンシャサ
民族 バンツー系、ナイル系等
言語 フランス語(公用語)、キコンゴ語、チルバ語、リンガラ語、スワヒリ語
宗教 カトリックを中心としたキリスト教(85%)、イスラム教(10%)、その他伝統宗教(5%)
一人当たり
GNI
220米ドル(2012年)
5歳未満児の年間死亡数 46万5千人
国際貧困ライン
1日1.25米ドル未満で暮らす人の割合
59%
人間開発指数 187位(187ヵ国中)日本は12位

ハンガーゼロ活動内容